MENU

子どもの成長が実感できる「育む」保育への取り組み

あおぞら保育園は子ども達にたくさんの愛情を注ぎながら、いろいろな遊びや体験を通して
子供たち自らが成長できる「育む」保育を実践しています。

あおぞら保育園は平成29年に新設された熊本セントラル病院が運営する保育園で、お住いの地域を問わず入園要件を満たす0歳児~5歳児までのお子さまをお預かりしています。 保護者の皆さまの多様な就労形態に対応する保育サービスの拡大を行い、待機児童の解消化と仕事・子育ての両立に資することを目的とし、こどもたちが伸びのびと元気に明るく成長できる事を願った「育む」保育を目指しています。 楽しく広々と遊び回れる園舎や食育へのこだわり、安心の看護体制・病児受け入れなどを特徴としており、保護者の皆さまの仕事と子育てをサポートします。

img07

施錠付き出入口

園児毎に発行される専用カードを使ったオートロックの出入口で、防犯対策にも配慮しています。

img08

のびのび遊べるテラス

園舎と園庭の間には広々としてテラスがあり、雨天時も外の空気に触れながら遊び回る事ができます。

img09

冒険心を刺激する空間

園舎は子どもたちがワクワクする楽しい仕掛けがいっぱい!たくさん体を動かして元気に遊び回る事ができます。

Z2A6948

秘密の隠れ家 !?

そこはまるで大きな秘密基地。ロビー上を横切る渡り廊下や隠れ場、滑り台など、楽しい園舎になっています。

img15

食育への取り組み

おやつを含む全ての食事が手作りで、栄養面・安全面を考慮したおいしい給食が提供されます。

img16

より良い子育て環境を

仕事と子育ての両立支援を目指し、より柔軟な対応と受け入れに取り組んでいます。

kangoshi02

安心の看護体制

保育中の急な発熱や体調不良になった場合は、看護師が緊急対応を致します。

img11

アートギャラリー

玄関横には作品展示スペースがあります。子供たちの日頃の様子や成長をお楽しみください。

img12

園舎は遊び場そのもの

安全面に配慮したうえで、出来る限り子どもたちの冒険心を刺激するような魅力的な空間を目指しました。

img13

明るく広大な室内

広々とした空間と自然木を贅沢に使った園舎のつくりで、毎日明るく元気に過ごすことができます。

img14

あおぞら広場

地域の方々との交流や未就学児の一時預かり、親子交流、情報交換の場としてご利用頂けます。

病児保育室あいあい

もしもの時も安心。居住地や勤務地に関係なく、病児のおこさまをお預かり致します。

病気あるいは病気回復期において、保護者の方がご家庭で保育を行うことができない時に一時的にお子さまをお預かりし、ご家庭に代わり保育・看護を行う病児保育室あいあいを設置しています。 かかりつけ医で病児保育施設での保育が可能だと診断された0歳児(生後10ヶ月頃)~小学校6年生のお子さまがご利用いただけます。 近隣の小児科と連携し看護師を配置しておりますので、安心してお預けください。

あおぞら日記

あおぞら日記一覧